最新号の主な記事

「NTT技術ジャーナル」編集部が注目した
最新トピックや特集インタビュー記事などをご覧いただけます。

特集

将来の情報処理基盤実現に向けた取り組み

実世界のデータからさまざまな価値を生み出す「データ中心社会」が到来しようとしている。また情報化社会の進展に伴い、システム基盤やソフトウェア開発手法への要求はより一層高まっていくと考えられる。本特集では、データ中心社会を支え、社会・技術の進化に対応できる将来の情報処理基盤の実現に向けた取り組みについて紹介する。

将来の情報処理基盤実現に向けた取り組み

データ中心社会を支え、社会・技術の進化に対応できる将来の情報処理基盤の実現に向けたさまざまな技術課題と、NTT研究所の取り組みについて紹介する。

IOWN時代のAIサービスを支える高効率イベント駆動型推論

データ中心社会を支えるデータ分析・価値化技術の1つとして、イベント駆動アプローチによるAI推論について紹介する。

高品質・高信頼なデータ流通でデータ中心社会を実現する次世代データハブ技術

データ流通における課題とそれらを解決するデータハブの概要、およびデータハブの主要機能であるデータガバナンスを構成する技術について紹介する。

ディスアグリゲーテッドコンピューティングの実現に向けて

不揮発性メモリや高速インターコネクトのような特定用途に特化したハードウェアを活用する技術と、多数のコアを持つCPUを並列処理で性能を引き出す技術を紹介する。

テスト活動データを分析してバグを狙い撃つテスト自動化技術

NTTソフトウェアイノベーションセンタが取り組んでいるテストを飛躍的に効率化する技術について解説するとともに、将来展望についても紹介する。

主役登場

倉林 利行(NTTソフトウェアイノベーションセンタ)
人とAIが協働してプログラムをつくる未来世界の実現に向けて