最新号の主な記事

「NTT技術ジャーナル」編集部が注目した
最新トピックや特集インタビュー記事などをご覧いただけます。

PDFダウンロード

特集

モビリティを中心とした街のデジタルトランスフォーメーション

IOWNの未来が到来するにあたり、今後、街のデジタルトランスフォーメンションのさらなる加速が期待される。本特集ではモビリティを中心とした取り組みとして、マルチモーダルMaaSから4Dデジタル基盤、自動車メーカーとの連携したコネクティッドカー協業、スマートシティについて、 NTT研究所技術および今後の展望を含めて、NTTの取り組みを紹介する。

IOWNによる街全体の最適化

あらゆる情報を基に個と全体との最適化を図り社会的課題解決をめざす「モビリティを中心とした街の最適化の取り組み」について紹介する。

マルチモーダルMaaSを支えるオープンなMaaSプラットフォーム

さまざまな公共交通機関や周辺サービスを統合し、ワンストップで提供可能にする公共交通MaaSプラットフォームの構想と取り組みについて紹介する。

マルチモーダルMaaSを支える二次交通の取り組み――ドコモの次世代モビリティサービス

サステナブルな地域社会・スマートシティを実現するAI(人工知能)や異業種連携を活用したNTTドコモの取り組みについて紹介する。

モビリティ領域での4Dデジタル基盤TMの活用

多様な産業基盤の未来予測に資するデータを提供する「4Dデジタル基盤TM」を活用した、交通の整流化に向けた取り組みについて紹介する。

コネクティッドカー分野の技術開発・検証

安心・安全な自動運転に必要となる技術の研究開発の取り組みとして、トヨタ自動車株式会社とのコネクティッドカー分野での協業について紹介する。

コネクティッドカー協調領域・交通環境情報の活用

交通環境情報ポータルおよびデータプラットフォームアーキテクチャに関するNTTデータの取り組みについて紹介する。

「街づくりDTC」によるデータ駆動・連鎖型のスマートシティ

DT(デジタルツイン)と、それらを分野横断で連鎖させる機能であるDTC(デジタルツインコンピューティング)を実現することで、新たな価値提供をめざした「街づくりDTC」について紹介する。

主役登場

高木 雅(NTTデジタルツインコンピューティング研究センタ)
未来の交通システムに向けたデジタルツインコンピューティング技術の研究開発